2011年12月26日

2011年総括

忙しさにかまけてぜんぜん更新してませんでした。
あまりやる気もないことを宣言するものではありませんね。

今年もいろいろとありました。

・東北大震災

他人事ではない。たくさんのことを教えらた。

いつか自分にも降りかかってくるかもしれない。
考えなければならない問題だと思った。

自然災害の恐ろしさと政界や権力をもった企業の無能さ。

自然のやることに人は無力だ。

しかしできる限り助けたいと思う心は人としてあって欲しい。

そこに金や権力を結びつけてはならない。

この震災によって浮き彫りになった無能がゆえの人でなし。

この人たちに決定的に欠けているものは「正義」だと思う。

無能であっても正義をもっていたならば被害を最小限に食い止めることは
必ず可能であったはず。


・タイの大洪水

これにはマイりました。
ハードディスクの部品の大半がここで作られており、
金額が高騰してしまっています。
現在はだいぶ落ち着いてきてますが、割高状態がいまだに続いております。
修理代に直接ひびきますんでほんとマイってます。

・スティーブ・ジョブズ逝去

遺作であるiphone 4sが好調ですが、
カリスマがいなくなったアップルがどこまでがんばれるかが、
来年は見ものですね。

私ははっきり言ってアップルが嫌いです。(理由は長くなるので割愛)
ただジョブズ氏が生み出す商品のコンセプトはとてもすばらしく、
常に機械らしくないデザインとSF的なギミックがありました。
映画やアニメの世界が現実になると感じたiphoneは
アップルが嫌いだった私にとって初めて素直に感動できるデバイスでした。


今年一年を一言でいうと私的には
「混沌」という単語しか思い浮かびません。

何が起こっているのかわからない。
起こっているのかすらわからない。

暗い話題の多い現在、
今後このPCサポートというニッチな仕事がいつまで続けられるか、
方向性を暗中模索しているところです。

そんな中、おかげさまで来年は起業から10周年を迎えます。

来年は「変化」を求めてがんばります。

あくまで「よい変化」ですよ!