2010年5月28日

iPadはモバイルPC市場を喰うか?

久しぶりの更新です。

情報社会の分野では、最近TwitterやらiPadで忙しくなってきましたねぇ。

iPadが今日発売になりましたが、さてどうなることやら。

これはPCサポートのお仕事をしている身としては、見逃すことはできません。

なんせあのスタイルやら直感的な操作性は、PCというだけで拒絶反応を起こすような方々にとっては救世主のような存在になりそうだからです。

インターネットに興味があっても、あの「キーボードがある」ってだけで触らない人がいますから。

仕事で使うにはやはり、情報を操作するのにキーボード&マウスはかかせませんので、PC市場とぶつかるような感じではないように思えますが、プライベートとなると話は変わってきます。

「仕事でPC使って、家でまでPCに向き合いたくない」って人もいると思います。

単に「ちょっと調べ物したい」とか「ちょっとゲームしたい」とかならこれで十分。

家でのPC需要にはかなり影響はありそうです。

上記のようなライトな使い方をしていても、他のアプリケーションソフトが面白くて、どんどんのめり込むケースもでてくることはまちがいありません。現にiphoneではそんな感じですね。

そうなると今度は困るのがWindowsさんなわけです。

ソフトを作る会社はやっぱり売れてるハードのソフトを作るでしょうから、今までWindows一色だったものが、iPad,iPhoneにも流れていくことになる。

モバイルという点においてはWindowsマシンにもあるので、マイクロソフトさんもウカウカしてられないことでしょうなぁ。

日本人は新しいものが好きなので、これは面白いことになりそう。

自分はDocomoなんですが、Xperiaもがんばってほしい。 んが!!なんでiモードつかないのよ!