2009年3月25日

PCV-W102

P1000157.JPG F1キーを押せばとりあえず起動はするが遅い。途中で電源が落ちる。など、いろいろ合併症状を引き起こしている模様。

「ハードウェアモニターがエラーを見つけました。BIOS のPower Setupを確認してください」みたいな意味の起動画面で止まります。これの直接的な原因は電源ファンの回転不足です。やはりホコリ、たばこのヤニがファンにべっとりとついていました。きれいにクリーニングすると、とりあえずエラーはなくなりました。

 

P1000155.JPGこれは結構大変です。

コンデンサ液漏れ状態のものがたくさん!頭部が盛り上がっているものは全部交換しておきました。不安定なのも無理ないです。

あとメモリが標準256MBに512MBを増設されていましたが、ちゃんと総容量は認識はされているのにもかかわらず、テストをすると、この増設メモリがエラーを吐きます。

 

この機種はメモリの相性が非常にシビアだということですが、片面に512MB実装したものは全部ダメでした。

しかし、いろいろやってみるとCMOSをクリアしたときや環境を変えたときだけ、BIOSの裏設定がでてくることが分かり、メモリのタイミングを少し落としてやれば、このメモリも使えてしまいました。

Cドライブの空き容量が730MBしかなかったのでそれも遅い原因の一つでした。

まあこうもいろいろだと直しがいがありますよ(^^;

2009年3月19日

DELL Dimension 4600C

P1000154.JPG同じようなご依頼は重なるものでして....

2/23にVAIOで同じような現象でご依頼受けておりました。

今度は、とんだピンが内部に転がっていましたので、部品を加工する必要はありませんでした。比較的楽に作業はおわりました。

しか~し、とき既に遅し。もうこのチップセットはお亡くなりになっていたのでした。

 

IDE接続のHDD、CD-ROMぜんぜん認識しておりません。

様子がおかしくなっても、電源入れたまま放置されていたようですね。熱で死んでます。

まあしかし、基盤裏側のちょっとしたハンダだけで、あのテンションのかかったものがそう何年も持つはずがないと、メーカーさん思わないのかなあ。

ほとんど部品コストを削減するためでしょうけど。

結構大事なところなのに・・・・

2009年3月17日

TOSHIBA Quosmio E10

P1000153.JPGいやいや、確定申告の時期というのは、なんだかとても忙しいです。

またもや更新が滞るのであります。

最近多いご依頼は、やはりハードディスクの不良がダントツですが、時期的に2003年~2004年にかけて発売されたパソコンで、起動中にスキャンディスクが始まる、もしくはファイルアローケーションが崩れているため、ブルーバックで処理が止まる症状が多いです。

 

そのまま、ご依頼のPCでスキャンディスクを行いエラー補正したいところですが、やはりハードディスクは取り外し、お客様が必要な部分のみのバックアップを優先します。無事成功したら、今度は丸ごとバックアップにチャレンジします。 お客様にとっては以前の環境そのままに越したことはないですから。

でもってこのお客様も同じようケースで、起動中ブルーバック状態でしたが、スキャンディスクをかけると何事もなく動いてしまいました。 お客様に一応説明しましたが、今後のことも考えてハードディスクの交換となりました。

2003年頃からのハードディスクは、だいぶ耐久性がよくなってきてるような気がします。

以前は突然死んでしまって、どうすることもできないことが多かったですが、起動中ブルーバックになったとしても、何とか動いてる時間が以前のHDDよりながい気がします。

よって復旧率が非常に高くなったなぁと最近思うのであります。

2009年3月 9日

ネットブックPC競争激化

SONYがVAIO Type Pを引っさげてネットブック市場に乱入してきましたねぇ。

ネットブックPCは、今やノートパソコン市場の26%を占めるまでになっているそうです。

最近の動向は↓ここのニュースで。いつもトレンドを追っていて面白いです。

http://www.nikkei.co.jp/bb/index.html

定価が低くなった代わりに、大量に販売しなければ利益がでなくなるのではと心配です。

特に国内メーカーは、短いスパンで新製品を投入してくる海外メーカーにどう対抗するかにかかっています。

この分野は目が肥えている人が多くなってきているため、デザイン、スペックで、ガンガン顧客を刺激するものがでてくるでしょう。

まだまだ私のニーズにあうコレダ!というものが出てないのですが、最近の新製品ラッシュにワクワクしております。

2009年3月 3日

セキュリティソフトの複数インストール

本日は常連様のところへ出張でした。

インターネットエクスプローラ(IE)で名前などを入力するフォーム画面になるとき、またはIEを閉じるときにエラーが発生するという症状。

いろいろ調べてみましたが、IEのエラーが発生すると同時にNorton Internet Security 2007(NIS)の警告もでます。ファイル名がでているので調べてみるとiフィルターという、有害サイト対策ソフトのファイルらしい。

ネットを監視する同じようなソフトが入っているので、とりあえずiフィルターをアンインストールしてみましたが、症状変わらず。

NISもアンストールしてみましたが、いつまでたってもアンインストールができず、挙句の果てにはエラーを吐いてストップ。

すっきりしないのでNorton 削除ツールを使いさっぱりと削除しました。

http://service1.symantec.com/SUPPORT/INTER/tsgeninfojapanesekb.nsf/jdocid/20041005144122953?Open&src=jp_w

再起動したあと、IEを立上げてみたところ症状は改善されました。

はっきりとした原因はわかりませんが、NISの状態が悪く、IEに影響を与えていたようです。

ちょうど、セキュリティソフトはどちらも期限切れでしたので、別のソフトをインストールして終了しました。

まあ、ほとんどの方は同じようなソフトはいれてはダメといっても、いつの間にか入れてしまうことが多いようです。 気をつけましょう。