2008年6月30日

VAIOノートお持込み

ご実家にノートパソコンを持っきておられて
メールが送受信できないとのご依頼。

・ご自宅 光プレミアム・biglobe
・ご実家 Yahoo (ADSL)

インターネットの環境がちがうのでさっそく
うちの環境でトライ。

ん?
もとから繋がってません。
いつものネットワークのアイコンに三角の「!」マーク。

うちの環境はIPアドレスの自動取得OKですので、
IPの変更が原因かなとローカルエリアの接続のプロパティで確認。

ん~自動取得になってるな~。
修復も何度か行ってみたが駄目ですね。

あ、ソー○○○ト ウイルスセキュリティ入ってます。
これかも。

というところまできて
お客様の都合で時間切れ。

というよりアンインストールの提案をさせていただいたのですが
やっぱり家ではOKの環境を崩したくないというのが当たり前ですので、
そのままお返ししました。

これが原因だと断定はできませんでしたが
ソー○○○ト ウイルスセキュリティでは何度も苦労させられてますので・・

今回は有線での接続ですのであんまり見たことないケースです。

無線やファイル共有設定が駄目な場合、これをアンインストールすると
あっさり解決することが何度もありましたんで。

いろいろ設定で解決できるのかもしれませんが、
ファイヤーウォールの一時的な開放や常駐解除もダメ。
アプリケーションごとの許可はいじってません。

根本的にこのソフトを使う場合は、そのネット環境を完全に固めてから
インストールするのが望ましいです。

環境変わって繋がらなくなったら知りませ~ん。の状態です。
対策としては、アンインストールしてもう一回インストールが簡単。
でも環境変わるたびこんなことではダメダメですね。

あ、今思い出した。 とりあえずメール送りたいだけなら
IP固定して無理ヤリって手もあったか!!ダメかもしれないけど。
あ~もう遅いなあ。 もうちょっと時間があったらなあ。 
あんまりお客さんの環境変えるのイヤだったから思いつかなかった。

このソフト。
調べたら前の環境おぼえてて、グループ変わったらダメっぽいですねえ。
もう!!ガチガチに防御するのも考えものです。

2008年6月27日

FUJITSU LIFEBOOK

今度お世話になる
フリーペーパーの月刊コンパスさん。

http://www.chiku-chiku.net/compasstop.html

事務所が近くなのですが、
PCの調子がよくないということでお伺いしました。

  P1000063.JPG

あちゃ~
システムが読めてないですね。
修復インストールが必要なので、お預かりしました。

 

 

 

 

念のため、データ全体をバックアップしておこうと、
バックアップツールを実行すると・・・

後ちょっとで終わるというところでエラー発生。
ハードディスク(HDD)の音がヤバイ。 即中断。

しばらく間をおいて、とりあえずご指定のフォルダをバックアップ。
数分後HDDが認識不能になりました。
アブナイアブナイ。

システムが読めないのはHDDの故障(修復できない不良セクタ)
が原因だったようです。
今回の場合、起動直後はフォルダやファイルの認識はOKで、
しばらく経つと発熱と異音とともに読めなくなってしまいます。

ご連絡をしてHDD交換OKをいただきましたので、換装→リカバリ
→データ戻しで無事終了。

いやいや間一髪。
システムの領域が読み取り不良だったのが幸いでした。
とりあえずWindowsが立ち上がるという状態では、
実際読み取りができない領域にアクセスしない限り、
HDDの故障にも気づきにくくなります。
今までも、ちょっと様子がおかしい兆候があったとお聞きしていたので、
もしこのまま使っていたらデータまで救出不能になっていたかもしれません。

やはり万が一のときのために、
定期的なバックアップは必要ですね。
みなさん気をつけましょう。

2008年6月26日

Vistaのフォルダとファイルの操作

WindowsXPでメールの送受信ソフトといえば
Outlook Expressを使う方がほとんどだったと思います。
 
WindowsVistaからはWindowsメールと名前が変わっています。
パソコンレッスンで添付ファイルの保存の方法を
教えることが多いのですが、いつも疑問に思います。

受信トレイのメッセージを開き
ファイル→添付ファイルの保存 ででてくる
ダイアログボックスですが
なぜ、このような画面なのでしょう。

 

009392c[1].jpg初心者の方はすぐに保存ボタンを押してしまいす。

保存先がこんなに下の方にあったのでは、

「あれ?どこに保存したっけ?」状態に陥りやすいとは思いませんか?

 

 

 

パソコンが苦手な方で、難しいと思われている要因は、
フォルダとファイルの区別がつかないことと、
どこに保存されるか理解できないことです。

・ボタンの配置を見やすい位置にもってくる。
・ファイルをどこに保存するかわかりやすくする。

という点についてはWindows95の時代から全然進歩していません。
むしろVistaに関しては退化しているようにも思えます。
フォルダとファイルの操作をする画面で毎回アイコンの大きさとか
見え方が変わったりするのでは、いつまで経っても、
この画面のときのこのファイルは、あの画面のあのファイルと同じ
というような考えにはなりにくいと思うのです。
フォルダとファイルの関係を把握しているものにとっても、
非常に操作しずらく、なんとかならないものかと思います。

XPとVista。初心者の方にはどちらのほうが、
早くフォルダとファイルの区別を理解できるのでしょうか。

ちょっと統計を見てみたい気もします。

はじめてのパソコンがVistaの方。
ファイル操作に限っては、非常に教えづらいです。(>_<)

2008年6月25日

FUJITSU FMV-NF40U

常連のお客様への対応

当店はちょっとした質問も随時受け付けています。
フォルダの管理と日本語入力について少々のご質問。
それは無事にご理解いただいたのですが・・・
思い出せば、お客様のこのパソコン。

「遅くてしょうがないんですけど」
とお持込みいただいたのが最初のご依頼でした。

お仕事にメールで画像のやり取りが必要だということで
これがはじめてのパソコンだということでした。
某ショップの店員さんの言われるがままに購入されたようで、
その店員さんにも問題ありだと思いました。

当初Vista起動まで10分近くかかっていました。
たしかにヒドイとしか言いようのない状態です。

去年のWindowsVista発売と同時期に発売されたもので、
メーカーも万全の体制で出荷されたものではなかったのでしょう。
にもかかわらずこれは「仕様」だそうです。

メモリは512MB、ハードディスクは2世代くらい前の低速のもの。
これでVistaを動かすこと自体無謀です。

とりあえずメモリ増設は必須だろうということで

512MB → 2GB にして様子を見ていただきました。

その後やっぱり遅いということで、ハードディスクも最新のものに交換。

これでだいぶマシになりました。

去年Vistaのパソコンをお買い上げの方は、その後の出費が多いようです。

なんとか使わない機能ばかりで重たいだけのOSも

ここらへんで終わらせないと・・・

ほんとうにWindowsの行方が心配です。

2008年6月24日

SONY VAIO PCG-FX33G/P

お客様からノートパソコンのお持込み。
「DVDが読めないんですけど」

さっそく診断開始。

一緒にお持込みいただいた映像の入ったDVDのディスク。
以前は、ちゃんと再生できていたそうです。

こちらで試しましたが、やはり再生されませんでした。

当店のPCで再生すると、ちゃんと見れますので、どうやらこのパソコンの

DVDドライブがおかしそうです。

念のため、当店で用意した市販の映画のDVDを読み込ませると・・
あれ? 何の問題もなく視聴できてしまいます。
ん~何が原因なんだろ?

DVDトレイを開けてレンズをよ~く見てみると・・・

あ、ありました結構でかい埃が、レンズの上に!

こういうときは直に指で取り払うのは止めましょう。

綿棒にエタノールを含ませ、やさしくクリーニングします。

はい、読めました。成功です。

今回は、レンズの汚れによって読み取りが遮られていましたが、
全部読めなくなるわけではなく、読めるディスクもありました。

これは少なからずディスクによっては、読みやすいとか読みにくいはあるということです。
裏面に指紋や汚れがないかも重要ですが、ディスクのメーカーや質、書き込まれた状態で、読みやすさも変わってきます。

DVDやCDのディスクは、いろいろ奥深いです。

2008年6月23日

音がなんか変?

お客様からのお持込み。

「Windowsの起動音とか、クリックする音がなんか変なんですけど」

ということで実際やってみました。
確かに、メロディというか、音は同じなんですけど
なんだか妙にキーが高い音。
ヘリウム飲んだ声みたいで、笑っちゃいました。

あまり笑うとお客様に失礼なので、真剣に調査。

ちなみにうちのPCで起動音を再生すると、

「あ!それそれ!」

とお客様。やっぱりキーが高いだけみたい。

音のファイルがそっくり入れ変わっているとか、
ウイルスにしてもそんなの聞いたことないし・・・・
一応 C:\Windows\Media の中に起動音とか
のシステムに使われているファイルがあるので直接再生。

やっぱりヘリウム状態。

ん~これはドライバかな?
タスクトレイをふとみると、カニさんマークでおなじみの
台湾チップメーカーRealtekのSound Effect Managerマークが・・

 

015.gif

 

 

 

これの設定にキーを調整する項目を発見。
+4にもなってました。

たぶん無意識のうちに設定されていたのでしょう。
私もこのメーカーのサウンドチップは、
たくさん見てきましたけど、こんなことできるとは知りませんでした。

キーを調整して何に使うんでしょう?
カラオケ?これが一番使い道ありそうです。

2008年6月20日

キーボードに飲み物をこぼしたら!

何かを飲みながらパソコンすることが多い方、
気をつけたほうがいいです。

本日友人からメールでのヘルプ。

「ウーロン茶をぶちまけてしまった!」

「ちなみにサントリーです。」
 ↑
どうでもいい!

警告音が鳴って画面が消えたそうな。

ここで友人が失敗したこと。

それは軽く拭いた後、見た目は全然平気なので

しばらくそのままの状態で作業にとりかかり

キーボードのキーを押してしまったこと。×です。

水が電気を通すのは有名な話ですよね。

キーボードの中はたくさんの配線パターンがあり、

電気が通っています。

そこに水分が溜まっていて、余計なところと接触(ショート)したら、

変なところに電気が流れて、壊れてしまう可能性大です。

飲み物をこぼしたら、

まずキーボードは触らない!
すぐに電源を切る!コンセントも抜く!
ノートならバッテリーも抜く!
水気を切る!
そして乾かす!乾くまでは放置!

これで生存率はだいぶ上がります。

糖分の入ったコーヒーやジュースはとくにショートしやすいので
壊れるケースが多いです。
こぼした時点でショートしていた場合・・・
助かりません。

友人の場合まだ生きていた可能性が大きかったようです。

それ以前にパソコン使う時は
飲み物飲まない!とか
キーボードカバーをつけるとか工夫が必要です。

私も飲み物を飲みながら作業しますが、
コップ置きは、机の右のほうの遠くに置いて、
キーボードはの手前のほうではなく、
奥のほうへかなり遠ざけて作業しています。

これでこぼしても直接はかかりませんので、
多少はいいんじゃないでしょうか。

みなさんもお気をつけください。

2008年6月19日

初心者の方の中古PC購入について

安いだけで古いWindowsだったり
Word,Excel等が入っていなかったり、
Windowsのバージョンにあっていない低速な処理しかできない
中古PCが溢れ返っています。

初心者だからはじめは安いのでいいの・・・ とか
インターネットと一緒に契約したらタダ同然だから・・とかで

あっさりとひっかかってる方も多いのでは?

たしかにお得なのもありますが、稀です。
ほとんどは、こんな機能でどうしろと?
というものばかりです。

初心者の方はスペック、機能どうこうは、数字を見ても
まったく理解できないのが現状でしょう。

では中古PCを買うとき、失敗しないためには、
どのようにすればいいのでしょう?
まずはこんな感じで店員に聞くことです。

(必須)
・起動するまで待たされますか?遅いですか?
・最近のソフトは買って入れる(インストール)ことができますか?

(必要に応じて)
・ワープロはできますか?
・家計簿つくれますか?
・DVD見れますか?
・書き込みできますか?

まあ上記のことを聞いて、店員さんがう~んとか言い出して、
あんまりいいパソコンではないですけどね。
と正直に言ってくれてる場合もあるかも。
多少高くてもちゃんとしたものを薦めてくれることがあるかもしれません。

逆に「ええバッチリですよ!」という店員さんも怪しいですね。
売上げ出すためにそういうこともありますし。

「早いとか遅いとかはお客様によって感じかたは違います」とか
言われた場合、正論ですけど、そういう商品に対して店員さんは、
けっこう自分では「こんなPC使えない」と思っていたりします。

いろいろ反論はあるかもしれませんが、
元某ショップ店員時代の経験から、
アドバイスさせていただきました。

2008年6月18日

Media Player Classic

お客様からのお問合せ

DVDを再生しようとすると、「デコーダが見つかりません」
と出て再生されません。

とのこと。

ここでいうデコーダーとはDVDで採用されている動画形式である
MPEG2を再生するプログラムです。

Windows単体では標準でこのMPEG2デコーダーは
インストールされていません。
まあ、いろいろと権利問題がありますので入ってないのでしょう。
よってインストールされていなければ再生できないということになります。

このデコーダーが入っていれば、Windowsに標準で入ってる
Windows Media Playerでも再生可能です。

普通のメーカー製PCの場合、デコーダーが入っている
何らかのDVD再生ソフトが、はじめからインストール
されていることが多いので、何も意識せず再生している方も多いでしょう。

しかし中古ショップなどで、OS(Windows)しか入っていない
ものを購入された方からの質問でなぜだか一番多いのがこれです。

とりあえずフリーソフトで!DVD見れればよい!って方は

Media Player Classic をオススメしています。
名前とか画面とかそっくりですがMicrosoft製ではないです。

わたしは古くからこれを標準プレイヤーとして愛用しています。

初期のMediaPlayerのシンプルな画面なのに、いろいろ再生してくれます。

現在もどんどんバージョンアップし続けていて安心ですね。

2008年6月17日

emachines J3020

P1000051.JPG同じ症状のご依頼が重なることは多いのですが、
またCPU関係です。

今度はCPUファン自体回ってません。
モニタ映りません。
あ~CPU死んでそう。

 

 

やばいですね。
とりあえずCPUファンの故障かなと判断し
代わりのものを取付け、スイッチオン。

あれ。やっぱり回らない。
ということは、マザーボードの3pin電源コネクタそのものから
電気きてないのかな。
やっぱり。テスターで見てもやっぱりきてない。

P1000052.JPGしかたがないので、もともとついてたCPUファンに戻し、
電源コネクタは、他の3pinコネクタへ挿しました。

「ブゥオーーーーーーン」

 

 

全開で回ってます。CPUファンは正常でした。
おお!ついでにBIOS画面も映りました。
CPUも生きててよかったよかった。

お客様も言われてましたが、CPUに負荷が掛かったとき
やたらとこの「ブゥオーーーーーーン」が気になると
おっしゃっていましたので、四六時中これではまずいです。
気が変になります。

CPUファン用以外の3pinコネクタは回転数を制御できませんので、
回転数がはじめから押さえられているファンに交換しました。


今回はマザーボードまで検査すると大掛かりになるので、
やめましたが、このemachinesのマザーボード。。。
どこ製でしょ?型番みても・・わかりません。

他は異常ないのに、一番重要なCPUファンの電源だけこなくなる
というのはあまりないケースでした。

2008年6月16日

NEC PC-VL570CD

P1000045.JPG電源ケーブルを挿して一瞬電源が入る
(パワーランプが一瞬点灯とかファンとかが一瞬回る)
ことはありますが、普通これで一回切れます。
その後、本体の電源ボタンを押して・・・

って押す前から、何でこれ動いとんの?

 

 

え~つまり一回もパワーボタンを押さず、
電源ケーブルを挿したらいきなり動きはじめる
ってことは、何かおかしいです。

電源回ってます。ファンも回ってます。
でもモニタには何もうつりません。

こういう場合はCPUに原因がある場合が多いので、
とりあえず、すぐに電源をきりましょう。
下手をするとCPUがトんでしまいます!

P1000050.JPGCPUクーラーを取り外し、CPUとの接着面を見ます。

片側だけシリコングリスが溶けてる感じなので、
もう片方を手で触ってみます。
乾いてますね。これはやっぱり、CPUとCPUクーラーの
ヒートシンクがうまく密着してない証拠。

 

CPUとヒートシンクに付着した
古いグリースはきれ~いに拭いて
新しいグリースを多すぎず少なすぎず、まんべんなく塗ります。

ヒートシンクを取り付けるときは、軽く上から押さえながら
横にグリグリとスライドさせると、グリスがいい感じで
ピタッと密着します。

CPUファン再セットアップ完了!
電源ケーブルをぶっ挿します・・・・シーン・・・
ん~これでいいのです。いきなり電源が回りっぱなしは回避されました。
続いて電源ボタンON!

画面うつりました。うまくいきました。

この機種は、CPUクーラーの取り付けが、ネジで4箇所締めなので
しばらく使っていると緩んでくるようですね。
あぶない!あぶない!

2008年6月13日

わかりにくいよ!

今日はYahoo!BB(プロバイダ)の
会員の方からYahoo!JAPAN IDについてのお問合せがありました。
他のプロバイダの方はどうでもいい内容です(^^;

 

Yahoo! BB(プロバイダ)の会員になったとき、
郵便で送られてきたスターターキットという封書
に書いてあるYahoo! JAPAN IDは変更できないんです。
たとえば

 

Yahoo! JAPAN ID:  ■△■
パスワード:   1234

だったとしましょう。

 

この会員のメールアドレスは最初

■△■@ybb.ne.jp

と勝手に決められています。

が、「メールアドレス」は変更できます。

 

△△△@ybb.ne.jp"

に変更したとしましょう。

 

そしたら、Yahoo!JAPAN ID は "△△△" になるのでしょうか?

いえ違います。会員専用のYahoo!JAPAN ID は ■△■ の ままです。

つまり現時点で

 

Yahoo! JAPAN ID:  ■△■
パスワード:   1234
メールアドレス: 
△△△@ybb.ne.jp
メールパスワード:1234

ってことです。

 

わかりにくいのは、Yahoo!JAPAN IDの欄に"△△△"とパスワードに"1234"を入力してもログインできてしまうことです。

で、さらにメールパスワードを変更したら・・・・ ああああああああああ!!

という内容のお問合せでした。

 

この時点で何がなんだかわからなくなる人がほとんどでしょう。

 

スターターパックにあるYahoo!JAPAN IDは
言い換えれば会員番号であって、一度決められたら勝手に変更もできませんし
なくなりもしません。


日本なんだからもうちょっとわかりやすく区別するべきだと思うんですがねぇ。
理解されている会員さんってめちゃ少ないと思います。
でもこれで10年以上やってこられてきたわけなんで、その辺をいまさら改善とは
いかないのでしょうかね。

2008年6月12日

○○.DLLが見つかりません

お電話でトラブルのお問い合わせ。
デスクトップが表示されたあとで、このメッセージがでるということで
今回は無視すれば、通常どおり使えるパターンです。

このケースは実際、非常に多いです。

DLLとは「ダイナミックリンクライブラリ」の略で、
いろいろな機能を持った大事なファイルです。
プログラムから呼び出されて動いています。

何かのソフトを削除する際に、途中で中断したり、誤ったやり方で削除した時、
削除されるべきファイルが中途半端に残っていたり、設定が残っていたりしていると、Windowsは、そのプログラムがまだ存在していると勘違いして表示されるようです。

その ○○.DLL の ○○の部分から、どのプログラムかを判断して、原因を
追求しなければいけませんので、これもお電話の対応では、いくら時間を費やしても解決しない場合が多いです。

お客様での応急処置としては、つい最近削除したソフトで何か様子がおかしかったなと思い当たるものがあればそれを、もう一回インストール(上書きになる?)してみるといいかもしれません。

それでも直らない場合には、レジストリというお客様でやっていただくには
非常に危険な部分を扱わなくてはなりませんので・・・

結局そのお客様の場合○○の部分の調査に時間がかかりそうなので、
後日お持込で、ご来店いただくことになりました。

2008年6月11日

パソコンは家電ではありません。

本日電話でのお問い合わせなのですが、

「Windowsが起動しなくなりました。」

『なんとか~というファイルが見つかりません。』

「という表示がでて立ち上がらないんですけど」
「どうやれば、直るんですか?」

当社としては正直に答えるように心がけています。

Windowsの起動に必要な「なんとか~というファイル」が
下記の条件で読み込めない為にそのような状態になります。

よって実際検証させていただかなければ、どうやれば直るか
お答えすることは難しいです。

・機械的、物理的な(ハードディスク)の破損
・何かのソフトをインストールしたとき削除されてしまった。
・お客様が故意でないとしても削除しまった。

推測でしか申しあげられません。

実際パソコンを購入されてから2年ほど経っているそうですが、
お客様の意識としてWindowsは

「立ち上がって当然」
「壊れても家電のように簡単に直るのでは?」

今まで正常に使えていたから尚更そう思われていてもしかたがない
のですが、

・Windowsのシステムは常に更新されている。
・故意ではないとしても大事なファイルを削除してしまうこともある。

このことを説明して納得していただくことは、
非常に難しいことで、永遠の課題だと思っています。

パソコンは家電ではない。これは間違いないと思っています。
パソコンを使うということは、パソコンそのものを
自分自身に近づける作業をしていることだと思います。

その作業の大半は、自分自身にしかわからないのはずなのに、
意識せずに操作していたり、責任をもたずに作業している方の
ほうが圧倒的に多いのです。

かといって、これが悪いことかというと、そうは思っていません。
なぜならそれをサポートすることが私の仕事だからです。

2008年6月10日

どうなっちゃう?

iphone003s[1].jpgついにiPhoneがソフトバンクから登場ですね。
個人的に、最初はドコモでだしてほしかったです。
あ、ただ自分がドコモだからって理由だけじゃないですよ。

ソフトバンクだと、なんとなく色物っぽい端末の多いので、
その中の一つという認識で、なんだか目立たない気がするんですよね。

ドコモでだした場合、他の端末と並べると
明らかにiPhoneは浮いちゃうと思うんですよね。
でもそのほうが、これは何?みたいになるわけで
注目度も高まる気がするのです。

要するにiPhoneには、がんばって普及してもらいたいということです。
がんじがらめで、冒険しない仕様ばかりが続く日本の携帯事情をなんとかぶっ壊してほしいのです。だって最近の携帯ってなんだか面白くないんですよ。

私自身、今現在、外出先でいろいろやる仕事はありませんので、ぶっちゃけスマートフォンはあまり必要ないです。しかし、かつてはザウルス、Palmなんかを使ってたものからすると、何となくiPhoneは、一般の(いわゆるマニアでない)方々が、普段の生活で使えるスマートフォンの標準となりえるかもしれないと思っちゃったりするのです。いや、スマートフォンに限らず、携帯の市場そのものを大きく変化させる可能性があると思うわけです。
まだどうなるかわかりませんけど。

2008年6月 9日

空いてる領域、もったいない!

P1000033.JPGSONY VAIO PCV-J12です。

Cドライブが満タンで、Dドライブの空きを少しでもCに移す
ことはできないものかとのご依頼。

ハードディスクのCドライブが6GB程度で、Dドライブ24GBという何ともバランスの悪いパーティションの切り方です。

もともとこのVAIOにはTVチューナーが内蔵されており、録画データが非常に大きくなることを想定して、保存領域であるDドライブをかなり大きめにとってあります。

しかしお客様、TVチューナー、アンテナにも繋いでないので全く録画しないそうです。

最近のソフトは、インストールする容量もかなり大きいので、Cドライブ6GBなんてあっというまですからねぇ。さぞ窮屈な思いで作業されていたことでしょう。

昔は、PartitionMagicという有名なパーティションを切るソフトがありましたが、昨今はHDDも大容量化して、わざわざパーティションを操作することも少なくなってきたので、その手のメジャーなソフトは「なんだろ?」の状態です。

こういう場合に当店で常用しているソフトは、Acronis TrueImageです。
パーティションごと一つのイメージファイルにすることができます。
作業用HDDに、CとDのイメージをバックアップし、元のHDDをフォーマット&パーティションを切り直します。その後バックアップしたCとDのイメージを復元します。手間はかかりますが、確実&失敗がありません。
無事Cドライブ20GB、Dドライブに10GBに切り直しができましたよ。

2008年6月 6日

昔のおもひで

P1000028.JPGimac DVです。データ復旧のご依頼でした。

すでに電源も入りませんし、起動もしません。
修理は必要なし。データだけ取り出したいとのご依頼。

初代imacは大人気でしたが、メモリの増設にしても
初心者にはとても無理な構造をしてて、苦労させられました。

 

 

 

そうです。何を隠そう私は、元PCショップの人間です。
あのimac発売日、長蛇の行列の整理と、何十台もの
メモリ増設に明け暮れた記憶が蘇ります。

 

あ、でもこのimacは後期型のDVDモデルですので、
メモリ増設とかは簡単にできるよう改良されたものですね。

 

P1000030.JPGかといってハードディスクも簡単かというと、
やっぱりここまでは開けないと...
ハードディスク取り出し成功。

ソフトはMacDriveというソフトを使って無事救出成功。
必要と思われるデータは3GBほどありましたけど。
DVDに焼いてお渡ししましたよ~。

喜んでいただけて何よりです。

2008年6月 5日

パケットライティング

index_head[1].png先日お持ちいただいたWindows Me→2000
ご依頼のMebiusですが、
当時のCDの書き込みソフトには
Direct CDというものがあり、
これで焼いたCDが読めないということでした。

当時はこのソフトが入っているPCが多く、
フロッピー感覚で簡単にCDに保存できるので、
これを利用してCDを作っていた方も多いでしょう。

 

しかしこれには落とし穴があり、どんどん追記、書き換えが
できるのは良い点なのですが、セッションクローズという
作業を行わないと、他のDirectCDが入っていないPCでは
全く読み込めないCDのままなのです。
もちろんご依頼のCDはセッションクローズしておりません。

今回Windows2000にアップグレードしたことにより、
もともと入っていたDirectCDがWindows2000に未対応なので
インストールできません。

10枚くらいこのようなCDがあるとのこと・・・
幸い前の環境はバックアップしてましたので、
また一回戻してセッションクローズするしかありませんね。
今度からDirectCDは事前調査が必要です。トホホ

2008年6月 4日

熱くなってきましたねぇ。

P1000001.JPGたまには一般的なトラブル回避なんぞを。

これからどんどん気温が上がってパソコンには辛い季節が
迫ってきています。

パソコンには放熱が大事です。
内部の機械は発熱するものが多く、
規格以上の温度になると熱暴走してしまい、
不安定になる原因となります。

 

P1000002.JPG密閉された筐体から、熱をうまく外へ
逃がしてあげるために、ほとんどの
パソコンには内部にFAN(風車)がついとります。

パソコンから変な音がする!
「ウゴー!!」とか「ブゥオー!!」とか
買ってすぐの頃こんな音しなかったよなあ。
と思ったら、原因のほとんどはこのFANです。

 

どんなに部屋をきれいにしていても、パソコンの中身まで
気を使ってる人はあまりいませんよね。←自分は逆ですが orz

このFANにホコリとかヤニとかがびっちりついて唸りを
あげるのです。

 

P1000003.JPG

 

通風孔にエアーダスター(ホームセンターとかに売ってる空気のスプレーの缶)を吹きつけて
ホコリをとばすのもありです。

でもヤニは基本的に取れません。

←まあきれいになりました

 

ノートパソコンの場合、なかなか分解とかしない方が
ほとんどだと思いますので、パソコンがなんか不安定&へんな音の方

掃除のご依頼も受付けております。

結局宣伝か!

2008年6月 3日

理由になっていない

P1000043.JPGSHARP Mebius PC-MJ760C です。 Windows Me です。

大事にお使いになられています。

不安定なことが多いので、1,2年前、メーカーにマザーボードやハードディスクを取替えてもらっています。

ですが・・・

 

やっぱり不安定のようです。起動時にデスクトップ画面が出てこなかったり、

何かやっているとフリーズするとのことです。

あまり評判のよくなかったMeですので、

「え~とそれは Windows Me だからです。」

とは言えず。←あたりまえ

でもこの機種は、過去にもたくさんWindows2000への入れ替えをやって

安定した実績がありましたのでオススメさせていただきました。

OKをいただきましたので即作業開始!

P1000044.JPGメーカー公式にはWindows2000のドライバがありませんのでチップセットのメーカーSiSよりダウンロード。

いまのところ安定動作中です。

愛着あるマシンとのことですが、

メインPCは他にお持ちだそうです。

でもこうやって、永く使ってもらえるMebius君は幸せものです。

2008年6月 2日

たまには

自作 Pentium1.6GHz  をメンテナンスしました。

 

かなり昔から使っている事務用のPCなんですが、いつ頃からかモニタに表示できなくなったり、電源が突然切れたりと不安定なんで、ちょっと見てみました。

 

たまには、会社のPC達もメンテナンスは必要です。マザーボード関係は、見た目では異常は見られなかったので、恐らくは電源ユニットでは?ということで開けてみました。(危険ですので、知識のある方以外はマネしないでネ)

 

  P1000041.JPG

ああ、やっぱりコンデンサが膨らんでます。これかなあ? 部品を調達して取り替えて完了。

 

あれ? まだ不安定です。電源入るけどモニタに表示されません。 明日以降に持ち越しですね。これは。